在宅医療が解決する日本の医療問題について

在宅医療とは在宅で行う医療のことです。外来・入院についで第三の医療として期待されています。日本では65歳以上の高齢者数は2025年には3,657万人となり、「病人数が医療機関が対応できる限界数を超える問題」が近い将来発生します。在宅医療の環境が整備することで、今後の超高齢化社会で発生する問題を解決する一つの手段になりえるでしょう。

厚生労働省が在宅医療提供体制を整備するための施策をまとめた資料がありますので、下記にご紹介します。


▲在宅医療・介護の推進について

医療を受ける方法が、これまでの外来・入院から在宅医療へと変化することは間違いないでしょう。今後増加し続ける日本の超高齢化社会の病人を、医療機関・医療従事者という限られたリソースを使って、これまで通りの方法で対応することは不可能です。在宅医療というスタイルと、ITC・Webサービスなどを組み合わせた効率的・効果的なソリューションを生み出すことが求められています。

コメントを残す