精神に障がいがある方の家族が結成した「みんなねっと」

病人と家族との関係を調べる中で「みんなねっと」を見つけました。「みんなねっと」は精神に障がいがある方の家族が結成した家族会です。下記に団体概要を紹介します。

公益社団法人全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)は、精神障がい者の家族の全国組織です。全国組織の歴史は50年近くになりますが、一旦解散し、平成19年に当会が発会し再スタートしました。

現在全国に約1200の家族会があり、約3万人の家族会員が、さまざまな地域で交流し活動しています。各地域の家族会は47都道府県連合会を構成し、連合会は当会の正会員となっています。家族会の目的は、家族がたくさんつながって気持ちをわかち合い、みんなが笑顔になり、元気になることです。また国や地方公共団体に働きかけて施策を良くし、家族や本人が地域の中で安心して暮らせるようになることです。

スクリーンショット(2014-01-22 9.00.05 PM)
▲みんなねっと
http://seishinhoken.jp/

病気になった本人だけでなく、病人の家族にも多くの悩みや問題をもたらします。この団体のような「家族会」が果たす役割が上手く機能すれば、病人の家族が抱える問題を解決する手助けになると思います。現在は様々な家族会が存在しており、自分に合った家族会を見つけることも困難でしょう。家族会の機能をより効果的にするWebサービスがあれば、助けられる病人の家族がいるはずです。

コメントを残す