カテゴリー別アーカイブ: Webサービス

癌について信頼性ある情報を入手できる「がん情報サービス」

がんの病気で悩まれている方は、まずこの「がん情報サービス」で信頼できる情報を入手すべきでしょう。「がん情報サービス」は、国立がん研究センターがん対策情報センターが運営・発信している癌情報サービスです。

医療従事者向けの情報もありますが、一般の方向けの分かりやすい情報も多数掲載されています。「各種がんの解説」「予防と検診」「診断・治療方法」「がんとつき合う」「統計」「冊子・動画・資料」「病院を探す」などのカテゴリがあり、癌と正しく向き合う手助けになります。

スクリーンショット(2014-01-20 8.27.13 PM)
▲がん情報サービス
http://ganjoho.jp/public/index.html

 

▲もしも、がんと言われたら(がんと診断された人向けの冊子)
 

病気を告知された病人や、病人の家族が最初にすべきことは、正しく病気を知ることでしょう。癌という、非常に多くの人が苦しんでいる病気だからこそ、既に多くの信頼できる情報があることを伝えたいですね。このサービスのように、一般の方へ信頼できる病気の情報を伝えるWebサービスがあることで、多くの病人を支えることができるでしょう。

医学学会を検索できる「医学学会カレンダー」

医師の学会について調べる中で学会を検索できるWebサービス「医学学会カレンダー」を見つけました。キーワード、地域、期間で検索できて非常に分かりやすいUIです。

このサービスは医師のための専門情報サイト「MT Pro」の1つのカテゴリです。医師のための専門情報は一般人が必要な情報とは大きく異なりますので、このサイトのような医師専門の役立つ情報を集めることが重要でしょう。

スクリーンショット(2014-01-19 9.07.07 PM)

▲医学学会カレンダー
http://mtpro.medical-tribune.co.jp/gkcalendar

このサービスを使ってみて、本当に多くの学会があり活動しているのだと気付かされました。熱心な医療従事者の方は、休日も休みなく最新の医療情報を学んで活動されています。Webサービスによって解決できる、医療従事者の学習に関する問題は何か考えてみたいと思います。

 

 

医師に相談できるQ&Aサイト「AskDoctors(アスクドクターズ)」

病気になって困ったときには、まずお医者さんに相談したいのではないでしょうか?「AskDoctors(アスクドクターズ)」は医師にインターネットを通じて相談できる、日本有数の成功しているWebサービスの一つです。サービスの概要は下記です。

現在、医療の進化に伴い様々な治療法が生まれていると同時に、患者さんのライフスタイルや考え方も多様化しています。患者さんおよびそのご家族の方々とm3.com会員医師の皆様との質疑応答の場を提供したいと考えています。

本サイトの医療/健康相談はあくまでインターネット上での相談であり、医療行為となる診療行為及び診断は一切行っておりません。あわせて診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。ユーザは自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。  本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また損害を被った場合でも弊社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

スクリーンショット(2014-01-13 2.22.21 PM)

▲AskDoctors
http://www.askdoctors.jp/

このサービスは、日本トップの医師向けWebサービスを提供しているエムスリー株式会社さんだからこそできるサービスでしょう。Q&Aサイトのような「質問者」「回答者」の双方が必要なマルチサイドプラットフォームは、強力な会員DBの強みが活きるカテゴリです。病人にとっても気軽に医師に相談できることは非常に価値があり、20万人以上の有料会員を集めているとの事です。

「病人」と「医療従事者(医師など)」を繋げるマルチサイドプラットフォームは、非常に需要があり、今後数多く生まれる期待の分野です。この分野をつくることを考えているStartupは、「病人 x 医師」以外の組み合わせについても検討し、提供するサービスがどの様に双方のユーザを集めるか、Growth Hackの戦略を入念に考える必要があるでしょう。

同じ病気を抱える人に相談できる「PatientsLikeMe」

病人のためのWebサービスで一番有名なのは「PatientsLikeMe」でしょう。2004年にアメリカでスタートし、今年2014年で10周年という大御所のWebサービスです。

10万人近くの難病患者の方の医療情報を集めており、その情報を医療機関(病院、製薬会社など)に販売しているビジネスモデルです。難病患者という、非常にニッチなユーザ同士をつなぎ、集めることで、ユーザにも医療機関にも価値あるプラットフォームになっています。

スクリーンショット(2014-01-13 1.54.07 PM)

▲PatientsLikeMe
http://www.patientslikeme.com/

PatientsLikeMeのモデルは日本でも多くの方が研究し、実際に挑戦された方もいると思いますが、
2014年時点で成功しているWebサービスはありません。「日本語圏であるため対象ユーザの母数が少ない」「日本は文化的に病気であることを隠す」「集めた医療情報を購入してくれる医療機関が見つからない」など、海外の状況と異なるためかもしれません。

ただ、PatientsLikeMeの「病人同士がつながるプラットフォーム」は、本当に困っている病気の方同士のためのWebサービスになり得ると考えています。それができない根本的な問題を見つけ、解決することができれば、「病人のためになり」「ビジネスモデルが成立する」Webサービスをつくることは可能でしょう。

医療系プロジェクトのクラウドファウンディングができる「MedStartr」

クラウドファウンディングができるWebサービスは海外でも日本でも一般的になってきました。この「MedStartr」は、医療系プロジェクトに特化したクラウドファウンディングサービスです。

クラウドファウンディングの大手サービスといえばKickstarterですが、実はKickstarterはヘルスケアなどの医療系プロジェクトは対象外なのです。なので、このMedStartrはKickstarterでは投稿できない医療系プロジェクトに特化したニッチのクラウドファウンディングといえます。

スクリーンショット(2014-01-13 1.38.43 PM)

▲MedStartr
http://www.medstartr.com/

日本では医療系に特化したクラウドファウンディングはまだありません。しかし、READYFOR?やJustGivingJapanなどのクラウドファウンディングで、医療系プロジェクトで成功している例はいくつもあります。近い将来、日本にも医療系に特化したクラウドファウンディングがつくられ、そこから新しい医療系サービス・プロジェクトが誕生することでしょう。