医師に相談できるQ&Aサイト「AskDoctors(アスクドクターズ)」

病気になって困ったときには、まずお医者さんに相談したいのではないでしょうか?「AskDoctors(アスクドクターズ)」は医師にインターネットを通じて相談できる、日本有数の成功しているWebサービスの一つです。サービスの概要は下記です。

現在、医療の進化に伴い様々な治療法が生まれていると同時に、患者さんのライフスタイルや考え方も多様化しています。患者さんおよびそのご家族の方々とm3.com会員医師の皆様との質疑応答の場を提供したいと考えています。

本サイトの医療/健康相談はあくまでインターネット上での相談であり、医療行為となる診療行為及び診断は一切行っておりません。あわせて診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。ユーザは自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な医療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。  本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また損害を被った場合でも弊社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

スクリーンショット(2014-01-13 2.22.21 PM)

▲AskDoctors
http://www.askdoctors.jp/

このサービスは、日本トップの医師向けWebサービスを提供しているエムスリー株式会社さんだからこそできるサービスでしょう。Q&Aサイトのような「質問者」「回答者」の双方が必要なマルチサイドプラットフォームは、強力な会員DBの強みが活きるカテゴリです。病人にとっても気軽に医師に相談できることは非常に価値があり、20万人以上の有料会員を集めているとの事です。

「病人」と「医療従事者(医師など)」を繋げるマルチサイドプラットフォームは、非常に需要があり、今後数多く生まれる期待の分野です。この分野をつくることを考えているStartupは、「病人 x 医師」以外の組み合わせについても検討し、提供するサービスがどの様に双方のユーザを集めるか、Growth Hackの戦略を入念に考える必要があるでしょう。

医師に相談できるQ&Aサイト「AskDoctors(アスクドクターズ)」」への2件のフィードバック

  1. 回答してもらいたい分野からの医者からの回答は少ない

    Ask Doctorsという有料で医者に質問できるサイトがあります。
    そこで回答をよくしてくれる温泉医者という医者がいます。専門が臨床病理科/総合臨床科だそうです。この医者は産婦人科、脳神経外科、皮膚科、内科とほぼあたりかまわず回答します。

    私も回答をいただいたのですが、私の訊きたい分野と臨床病理科/総合臨床科とどういう関係あるのといった感じでとんちんかんな回答をよくします。再質問にはまず回答をしないか、では、
    またといった感じでお茶を濁されます。

    私は実務をしていないのによく回答できるなといった感じです。医者であればうわべだけの知識は知っていますが、それまでです。

    臨床病理科/総合臨床科のドクターはほぼすべての科の病状に関しては患者にアドバイスできるような実務を経験しているのでしょうか。

    この温泉医者は以前、担当分野は自分で全科となっていました。医者も医者ですが、患者も患者です。私であれば、この先生は何が得意なの。結局なにもできないのでは。また事務局も事務局です。ここは知恵袋みたいにブロック機能はなく、このドクターはのべつまくなし、回答するそうです。これがありがた迷惑というものでしょうか。

    返信
  2. 自然体ではないこのサイト

    運営にかなり無理があるみたい。ボランティアで回答しているなら、相手の都合で回答するから、すぐにレスがつかない。医師じゃなくて偽医者が投稿している。

    返信

コメントを残す